紫外線2

紫外線情報第2弾です!

 

紫外線のうち地上に届くのは、「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」という2種類の紫外線です。

 

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。

 

このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です(。◕ˇдˇ​◕。)/
UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります💦
しかし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量ですε-(´∀`*)ホッ
日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防御することができます🎶

522072241_275d8ca1ff_o

 

一方、紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)ほど肌に急激な変化を与えません!
紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は引き起こしにくくなっているので、一見すると紫外線B波(UVB)よりも肌への影響は少ないように見えますが(◎_◎;)

 

 

近年の研究で、この紫外線A波(UVA)シミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきましたΣ(゚д゚lll)ガーン
波長が長い紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします💨
例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです(ノД`)・゜・。
しかも紫外線A波(UVA)は、オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいます😢
雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です!!

 

4336593251_7c6c54367e_o

紫外線B波(UVB)だけでなく、紫外線A波(UVA)もしっかり防ぐことが、将来の自分の肌を守るうえでとても重要ですね!

 

次は、日焼け止めに記載されている表示について・・・

 

豊中市曽根の美容室Link(リンク)

 

友だち追加数☜LINE@始めました!登録宜しくお願いします( ˘ω˘ )

Linkの様々なお知らせなどがタイムラインで見れるようになります!