Linkのストレートパーマと縮毛矯正

今日はよくお客様から質問のあるストレートパーマと縮毛矯正の違いをお伝えします。

近年、どの美容室でもストレートパーマ、縮毛矯正のメニューは、あって当たり前になっています。

でも…、

「チリチリになった」

「1ヶ月くらいでくせが戻ってきた」

「ダメージでまとまらなくなってしまった」

 

というお客様がたくさんいらっしゃいます。

また、ストレートでも丸みのあるストレートスタイルや、

毛先がカールスタイルのデジストなどスタイルの幅も広がっています。

 

そこで、リンクのストレートメニューについて詳しくお伝えします。

 

リンクでは、パーマ戻し(ボリュームダウン)と縮毛矯正の2メニューに分けています。

 

[パーマ戻し(ボリュームダウン)]

パーマをかけた後に「ウェーブやカールをとりたい」と思うときや、

「クセの広がりでボリュームだけ抑えたい!」という方におススメです。

一般的にこれをストレートパーマと位置づけしているお店が多いと思います。

※強いウェーブのパーマ、くせ毛のカールは取れません。

 

工程は、

カウンセリング(毛髪診断)→薬剤選定

→1剤塗布→軟化チェック→お流し

→定着薬剤の2液塗布→仕上げです。

※アイロン工程は含まれません。

 

[縮毛矯正]

一般的にくせ毛の方、くせ毛でボリュームが気になる方、

きつめのパーマをのばしたい方などに施術しております。

工程は、

カウンセリング(毛髪診断)→薬剤選定

→薬剤1剤塗布→毛髪チェック→お流し

→ドライ→アイロン→定着薬剤の2液塗布

→仕上げ→アフターカウンセリングです。

 

プロセスも大事ですが、一番大切なことは、カウンセリング、毛髪診断、薬剤選定、技術です。

 

初めにカウンセリング

・なりたいスタイル、なりたいイメージ

・お家でのスタイリングの仕方

・これまでのストレートでの良かったこと、やりにくかったこと

 

毛髪診断のポイントは、

・髪の毛がどんなクセなのか?

・過去にどんなカラーやパーマをされたか?

・お家でコテやアイロンを使う頻度

・普段のケアの仕方

などなど、、、。

 

それらをもとに、

使う薬剤や、アイロンの有無、ブローの有無。

薬剤塗布で新生毛とバックウェーブのみきわめ。

顔周りの細いけどクセが強い新生毛の塗り分け。

仕上がりを左右する軟化チェック(薬剤の効き具合)

アイロン、ブローでツヤと丸みをお客様の好みにあわせて調節。

と、細かく書けばきりがないくらいのポイントを見極めて、

お客様1人1人に合わせた施術を行います。

 

 

私も皆様に驚かれる程のクセ毛です! 😯

だからこそクセ毛の嫌さもアレンジもプロの視点で考え、

お客様の「キレイになりたい」

という気持ちに応えられる技術向上とメニュー開発をLink全員で取り組んでおります!(^^)!

是非参考にしていただき、気になる事があればお問い合わせくださいませ!

豊中市曽根の美容室Link(リンク) 植田えり子